御影石「羽黒青糠目石」の採掘・採石・加工 石材の大割り・小割り・ワイヤー切削・円盤切削・研磨・字彫り・やくもの加工・小叩き・のみ切

HOME会社概要個人情報保護お問合せサイトマップ相互リンク

羽黒青糠目石

事業案内

墓石

彫刻

パートナー募集

糠目石のお墓

御影石「糠目石」の採掘・加工のプロモーション動画

御影石の採掘加工1M




事業案内

HOME > 事業案内
羽黒青糠目石の採掘場
御影石「羽黒青糠目石」は、茨城県桜川市(旧西茨城郡)上城にて採掘しています。位置的には、栃木県・茨城県両県境を南下する阿武隈山脈の支脈が名山「筑波山」・「加波山」へのびる山脈の中間にあります。
【羽黒青糠目石採掘場】 【羽黒青糠目石採掘場】 【羽黒青糠目石採掘場】
原石の大割作業
原石の大割り作業は、まず、石の割れ目を読み、そのラインに沿って火薬を入れるための穴を開けていきます。その後、それらの穴の中に火薬を挿入し、爆破します。石の割れ目に沿って、きれいに石が分断され、大きな原石となるのです。
【大割り前作業の穴開け】 【火薬入れ】 【爆破後の様子】
原石の小割作業
大割り作業の後、大きな原石をさらに小さく割り、ある程度、加工できるまでの原石の大きさにします。大割り作業同様、石の目に沿って、爆破します。
【小割り(爆破)】 【小割り(爆破)】 【小割り(爆破)】
ワイヤー切削
小割り作業の後の原石をさらに加工しやすいよう、ワイヤーにて切削作業を施します。このワイヤーの周辺には、ダイヤモンドが付けられていて、切削がスムーズに進みます。
【ワイヤー切削】 【ワイヤー切削】 【ワイヤー切削】
原石置場・搬出
検査を通過した原石(キズ等の検査)は、いったん採掘場に貯蔵します。必要に応じて、工場に搬出します。
【原石置場】 【搬出】 【積み込み】
円盤切削
採掘場より搬出された原石は、さらに細かい加工を施すため、工場に持ち込みます。用途により、大口径、中口径、小口径などの切削を施します。
【大口径切削】 【中口径切削】 【小口径切削】
研磨
石の表面を美しく引き立たせるよう研磨作業を施します。機械による自動研磨から、機械では困難な手動研磨まで行います。
【自動研磨】 【手動研磨】 【手動研磨】
特殊加工
機械では不可能な加工は、熟練した職人の手によって加工します。墓石の一角を担うやくものや彫刻は、職人の経験と感によって仕上げられていきます。具体的には、御影石の表面を演出する叩き(コタタキ、ノミギリ)などがあります。
【やくもの加工(蓮華加工)】 【やくもの加工(彫刻加工)】 【ドリル穴開け】
字彫り・検品
最後の工程として、字彫り作業及び市場へ出荷するための検品を行います。
【文字型取り作業】 【文字彫り込み作業】 【検品】

Copyright(C) 御影石「羽黒青糠目石」の採掘・採石・加工販売の石材店「石の流通センター」 All Rights Reserved.