花崗岩(御影石)の糠目石。糠目ブランド「青糠目石」・糠目ブランド「牡丹石」・糠目ブランド「浮常陸石」

HOME会社概要個人情報保護お問合せサイトマップ相互リンク

羽黒青糠目石

事業案内

墓石

彫刻

パートナー募集

糠目石のお墓

御影石「糠目石」の採掘・加工のプロモーション動画

御影石の採掘加工1M




御影石「羽黒青糠目石」

HOME > 羽黒青糠目石
羽黒青糠目石
羽黒青糠目石は、高級墓石を中心に、建築石材、彫刻やオブジェ・モニュメント、美術工芸、庭園装飾まで幅広く利用されています。庵治石、浮金石、本小松石と並び、日本国内でも最高級に位置づけられる銘石(御影石)です。その最大の魅力は、他に類を見ないきめの細かさと、青みのかかった深みのある色合いが、糠目石独特の気品と重厚さを生み出しているところにあります。また他の御影石と異なり、採掘量自体が、極めて少ないということも特徴の一つでもあります。さらに、山の丁場の一角では、ごく稀に、「牡丹石」と「浮常陸石」が採掘されることがあります。「牡丹石」や「浮常陸石」は、その希少価値から幻とさえいわれています。これらの特徴としては、通常の青糠目石の色目に黒い牡丹のような模様が浮かんでいるところにあります。この黒い牡丹のような模様が点在しているのが、「牡丹石」であり、「浮常陸石」においては、黒い牡丹の模様がかすめるぐらいに同化しています。少し距離を離れて眺めてみると、青みのかかった色合いに加え、ふわふわと浮いているようにも見えてきます。
青糠目石牡丹石浮常陸石
羽黒青糠目石のあゆみ
羽黒地区は、栃木県・茨城県両県境を南下する阿武隈山脈の支脈が名山「筑波山」・「加波山」へのびる山脈の中間にあります。(弊社の糠目採掘場は、「筑波山」連峰の橋本山にあります。) この辺一帯では、およそ6千年前にできた花崗岩などが、中古生層に分布し、茨城県には、全国に誇る採石産地が存在します。この羽黒の「糠目」を中間とし、北に「稲田石」、東に「真壁石」がよく知られるようになりました。こうした日本でも屈指の石材産地には、古くから石工が発達し、職人のが集まり、技術が高まり、そして、継承し、品質高い石材製品を送りだしています。
羽黒は ノミの音で夜が明け ノミの音で日が暮れる
- 先人の功績は今も受け継がれている -
羽黒駅東部にある駐車場は戦前戦後を通し、羽黒貨物積み込みホームとして使われていた。
石材最盛期当時は石材が大部分で石の問屋街みたいであった。
「ノミの音で夜が明け、ノミの音で日が暮れる」といわれて、そのノミの音がリズムにのって、情緒のある、また活況を呈した懐かしい思い出の場所である。
(長谷川正芳の思い出の記より)
羽黒地区は明治35年に本格的に企業化され、今日の発展の基盤が築かれました。
現在そして未来へ
歴史と伝統を引き継ぎ、墓石はもとより、彫刻、モニュメント等、画期的な作品を数多く創りあげています。日本全国の石材祭典である「ジャパン・ストーンフェア」には、毎回、加工技術の研究を重ねた新作を出展し、次世代を担う子供達に継承できるよう努めています。
ジャパンストーンフェア石割式 彫刻
【ジャパン・ストーンフェア」での石割り】 【彫刻】

Copyright(C) 御影石「羽黒青糠目石」の採掘・採石・加工販売の石材店「石の流通センター」 All Rights Reserved.